筋トレ用語セットのアイキャッチ画像

筋トレ用語「セット」について、筋トレでの言葉の使われ方とトレーニングの際のセット数の決め方などについてレインボー酒井に聞いてみました!

「セット」は筋トレに限らずに日常会話でも使われている言葉だけど、改めてちゃんと聞いてみてよかったですね。

用語解説・監修:レインボー酒井

大会出場画像1

MIYAZAKIGYM所属パーソナルトレーナー
東京工業大学大学院卒の理系インテリトレーナー。一部上場企業勤務からパーソナルトレーナーに転職。 ダイエット・ボディメイクは科学で論理的な思考力が必要になる為、理にかなった指導力はトレーナーの中でも随一。 高級ホテル付属ジムでの指導経験もあり、丁寧でさわやかな接客は体育会トレーナーとは一線を画している。
【資格・成績】
NSCA-CPT
2019 NPCJ WORLD LEGEND CLASSIC メンズアスリートモデル 9位入賞

筋トレ用語のセットとは?

筋トレ用語として使われる「セット」は、「ひと括りのもの(筋トレメニューなど)」を数える際に使われます。

もとは英語のSETから来ている言葉ですが、現状一般的に利用されている使い方とほぼ変わらない意味で使わえるため、意味が通じやすい用語でもあります。

筋トレ用語の「セット」はどのように使われるか

筋トレ用語としての「セット」は、トレーニングメニューの説明などで利用されます。

例えば「ベンチプレス〇〇㎏ 〇〇レップ 〇〇セット」といった形で利用されます。

各セット後にはインターバルを設ける場合が多く、むしろ、トレーニングの区切りを設けるために一区切りまでの工程を1セットとして利用することも多いです。

そういったトレーニングメニューの説明として使われる「セット」には他にも、「スーパー『セット』」や「ジャイアント『セット』(法)」など、トレーニング方法の名称の一部として使われることもあります。

いずれも、意味としては同じく「ひと括りのもの」ということで使われますが、より法則を持って組み上げたメニューがそれらにあたります。

セットで分けて区切りを設けることで、体力や集中力を有効に使えるということがあります。なので、もしセットを意識したことがない方がいらっしゃったら、一度セットを分けて各セット集中してやってみることをおすすめします!

筋トレのセット数の決め方について

筋トレのセット数の決め方については、理想形としては1セットで筋肉に効かせる事ができるのであればそれでいいでしょう。そうすれば、時間も短縮でき休養や他のトレーニングに割ける時間が増えるので、それが一番です。

しかし、なかなかその理想形に行き着くことが難しいため、通常は複数回のセットを組んでトレーニングをします

確かに。ほぼ無意識で言われるがまま、どんなトレーニングも複数セットを当たり前にしてきたけれど、1セットで追い込めるのであれば、それが理想ですね。

初心者の方は3セットから初めてみましょう!

初心者の方は各種目で3セットを基準にトレーニングをすることがおすすめです。

上級者になっていくに当たり、トレーニングに慣れてより少ない回数で効かせることができるようになってきますが、それと並行して筋力がついきます。

それによって筋肉を追い込み切るのも難しくなっていくため、結果としてセット数を落とすというよりも、更に3セットから4セット、5セットとセット数を増やしていく方が多い傾向にあります。

基本的に「筋肉を追い込みきれていない」と感じる場合は、セット数を重ねることで、しっかりと筋肉を追い込んでいく方法があると考えていただければ良いです。

初心者の方は3セットから始めるのがいいですが、先程お話したとおり、1セットで追い込めればそれがベストです。なので「3セットやるからはじめのうちは軽めに」などと考えるのではなく、各セットしっかりと取り組むことが大切です!

スーパーセット・ジャイアントセット(法)について

通常のセットの他に、スーパーセットやジャイアントセット(法)というのが、筋トレ用語としてあります。

それぞれには細かな違いがありますが、それらを簡単に説明すると、複数の種目を一度に連続して行うトレーニング法ということになります。複数の種目をひと括りとして考えて、行うことから〇〇セットと呼ばれています。

通常のセットを組んだトレーニングに慣れてきた段階で、更に筋肉を追い込むために、これらのスーパーセットやジャイアントセット(法)でのトレーニングに取り組んでみてはいかがでしょうか。

ジャイアントセットなんかは、例えば胸のトレーニングであれば、その胸を追い込むためのメニューを複数個並べて間隔をなく行っていくような、とてもハードなトレーニングです。ただその分効果もあるので、ぜひチャレンジしてみてください!

怖いので、やってみたい……とはなりませんが(笑)今後のためにもまたスーパーセット・ジャイアントセット(法)についても、お話聞かせてください!

まとめ

筋トレ用語の「セット」は、「ひと括りのもの」という意味で、「〇〇10回 〇〇セット」といったメニューの説明の際などに使われます

各セットごとにインターバル(休憩)を挟むのが一般的。なお、セットの中身をより専門的に組み上げたスーパーセットやジャイアントセットなどのトレーニング方法もあります。

より理想的な体型でいられるために、各トレーニングの一セットごと大事に取り組んで行きましょう!

おすすめの記事