筋トレ用語集 ウェイトトレーニングとは?トレーニングマシンとフリーウェイトそれぞれの特徴について

ウェイトトレーニングとは?

ウェイトトレーニングとは、ダンベル・バーベル、マシンなどの重り(ウェイト)を用いて行う筋力トレーニングのことを指します。

本来の意味としては、重りを用いたトレーニングがウェイトトレーニングなのですが、一般的には、筋力トレーニング全般を指すこともあるようです。

また、ウェイトトレーニングの種類としては、トレーニングマシンを利用する場合と、ダンベルやバーベルを利用したフリーウェイトなど様々な種類があります。

ウェイトトレーニングは筋トレの中のひとつの種類ってことですね。それほど色んな種類の筋トレがあるということです!

トレーニングマシンとフリーウェイトの特徴について

ウェイトトレーニングには様々なトレーニング方法がありますが、トレーニングマシンを利用する場合とフリーウェイトを利用する場合にはそれぞれ特徴があります。

また、それらの特徴を理解することによって、自分にあったウェイトトレーニングをしやすくなります。ぜひ、それらを確認しておきましょう。

トレーニングマシンとフリーウェイトの特徴

項目トレーニングマシンフリーウェイト
安全性高い注意が必要
補助ほとんど不要殆どの種目で必要
動作の習得たやすい難しい種目が多い
種目数やバリエーション少ない非常に多い
動作の軌道殆どの場合一定自由
負荷の加わる方向様々な方向に対応可能重力方向
動力や慣性をコントロールする能力養いにくい養いやすい
各部位の筋肉を協調的に発揮する能力養いにくい養いやすい
達成感低い高い
引用: 『令和版 基礎から学ぶ!筋力トレーニング』 有賀誠司 著

トレーニングマシンは初心者の方におすすめ

トレーニングマシンは筋トレ初心者の方におすすめのトレーニングです。

トレーニングマシンを利用したトレーニングは、安全性が高く、動作の習得も容易です。また、動作の軌道も一定のため初心者の方でも目的の筋肉を鍛えやすくなります。

しかし、フリーウェイトに比べて自由度が低く、また、目的の筋肉以外の筋肉を同時に使うような能力を伸ばすことが難しいといったデメリットもあります。

そのため、初心者のうちはトレーニングマシンを利用し、筋トレになれてきた段階で、フリーウェイトのトレーニングに移行する方が多くなっています。

フリーウェイトトレーニングはより自由なトレーニングが可能

フリーウェイトはより自由なトレーニングが可能です。

フリーウェイトを利用したトレーニングは、できるトレーニングの種目数やバリエーションが多く、細かな動作に自由度が高いといった特徴があります。

しかし、フリーウェイトは自由度が高い分安全性に注意が必要で、動作の習得が難しい種目が多いことからも、上級者向けのトレーニングといえます。

もちろん、初心者の方であっても自身の目的に合うのであればフリーウェイトから筋トレを始めても問題ありません。ただし、その場合は、しっかりと補助をしてもらい、しっかりと怪我をしないフォームを学びながらやっていきましょう。

初心者の方もぜひフリーウェイトのトレーニングにチャレンジしてみてください!

ウェイトトレーニングとは?についてのまとめ

  • ウェイトトレーニングとは、ダンベル・バーベル、トレーニングマシンなどを用いて行う筋力トレーニングのことを指します。
  • ウェイトトレーニングの種類としては、トレーニングマシンを利用する場合や、ダンベル・バーベルを利用したフリーウェイトなどがありますが、それぞれに特徴があり、自分の目的に合わせて選択していくことが大切です。

ウェイトトレーニングは、筋トレの中でも重要なトレーニングなので、ぜひその特徴などを抑えておいてください!

用語解説・監修:レインボー酒井

大会出場画像1

MIYAZAKIGYM所属パーソナルトレーナー
東京工業大学大学院卒の理系インテリトレーナー。一部上場企業勤務からパーソナルトレーナーに転職。 ダイエット・ボディメイクは科学で論理的な思考力が必要になる為、理にかなった指導力はトレーナーの中でも随一。 高級ホテル付属ジムでの指導経験もあり、丁寧でさわやかな接客は体育会トレーナーとは一線を画している。
【資格・成績】
NSCA-CPT
2021APF ALPS CHAMPIONSHIPS メンズアスリートモデル 5位入賞
2019 NPCJ WORLD LEGEND CLASSIC メンズアスリートモデル 9位入賞

おすすめの記事