筋トレ用語集 ダイエットとは?ダイエットの語源と原則、ダイエット方法の見極めの重要性について

ダイエットとは?

ダイエットとは、痩せること・見た目を細くすることを指します。

ただし、一般的なダイエットという用語の利用のされ方は多岐にわたり、ダイエットを体重や体脂肪を落とすこととする場合や、カラダを絞ることで自身の理想とする体型を実現していくことまで含む場合があります。

前者の場合は健康を意識したものであることが多く、カラダの形に関しては大まかに「痩せる」という目的のみの場合が多くなります。後者の場合は、健康への意識の他に「自分の理想とする体型を作る」という「自己実現」の意味合いが大きく、食事管理に並行して筋トレなどを行うことで自分の理想の体型を作っていきます。

そのため、同じくダイエットとして大まかに「痩せる(見た目を細くする)」といった目的は同じですが、後者の場合は同じく筋肉量が増えることで体重が増える(体脂肪より筋肉のほうが重いため、体脂肪を減らして筋肉をつけると体重は増えていきます)ことがあるため、一概にダイエットを体重・体脂肪を減らすことと定義できない要因になっています。

また、さまざまなダイエットにまつわる情報が出ていますが、「消費カロリー>摂取カロリー」であることが原則としてあります。

もし「〇〇ダイエット」といった情報を見かけた場合は、どういった理屈で「消費カロリー>摂取カロリー」を達成していくのかを確認し、しっかりと原則を満たしているか?自分にとって取り組みやすい内容か?を確認すると良いでしょう。

単純な原則ですが、見失われがちなポイントですね!どんなに簡単な方法だとしても、せっかく時間や労力を費やすのですから、成果を期待できるものに取り組みたいですよね!

ダイエットの語源は?

ダイエットの語源は英語の「diet」から来ています。

そもそものdietの意味は、日常的に食べる食事のことを指します。また「食事制限」などを指す場合もあります。

つまり、語源から見ると、ダイエットというのは運動をして消費カロリーを増やして行う減量ということより、食事を制限・管理して減量していくことをメインに考えているという見方もできます。

ダイエットの原則は?

冒頭にも書きましたが、ダイエットに関する情報というのは本当に沢山世の中に溢れています。その中には、ダイエットと呼べるかどうかも怪しいものがあったりします。

そのため、プロのトレーナーからしっかりと学ぶか、自分自身でダイエットに取り組む場合は、自分自身である程度情報を選別できるようになっておくことが大切です。

ダイエットには大切な原則があります。それは「消費カロリー>摂取カロリー」であることです。

それは、筋肉をつけて減量する場合も、単純に体重と体脂肪を落とすためのダイエットの場合も同じです。摂取カロリーが消費カロリーを上回った状態では、カラダを絞ることはできません。

そのため、ダイエット情報を見るときは、そのことにしっかりと触れているかどうかを確認してみましょう。

場合によっては、意図してその点に触れていないダイエット情報などもあります。そのダイエット法がどのような形で「消費カロリー>摂取カロリー」を達成するのかを、自分自身で考えてみると良いですね!

〇〇ダイエットは効果ある?

例えば、「きゅうりダイエット」なるダイエット方法があったとします(ダイエット情報のなかでもたまに出てきますが、提唱し始めた人がどなたかわからず、詳細の方法も様々でしたので、ここでは仮の方法として紹介します)。

<きゅうりダイエット>

  • きゅうりに含まれる栄養素が〇〇で〇〇だから、ダイエットに最適です!
  • 毎日1本、食後に食べるようにしましょう!

なんとなく「情報も信憑性がありそうだし、単純にきゅうりを食べればいいだけだから簡単!」始めてしまう方もいらっしゃるかと思いますが、ここで一旦原則を見直してみてください。

ダイエットの原則は「消費カロリー>摂取カロリー」であることです。

このきゅうりダイエットでは、単純にきゅうりを食べるだけなので、食べたきゅうりのカロリー分がそっくりそのまま摂取カロリーの増加に繋がります。

もしかしたら、「きゅうりを食べることで食欲が減って、結果として一日の摂取カロリーが減る」ということがあるかもしれませんが、今回の情報では「食後に食べる」ということになっているため、そういったこともなさそう。

ということで、今回のこのきゅうりダイエットは成果が出るか怪しいのでやめておこうという判断になります。

今回は例としてきゅうりダイエットを挙げましたが、もちろん、もっとしっかりとした論文などから情報を得て書かれているダイエット情報である場合もあります。

ただし、その場合も、実際に自分の頭の中で「消費カロリー>摂取カロリー」につながるかどうかを一度考えてみることをおすすめします。

そうすることで、同じロジックで「消費カロリー>摂取カロリー」を達成するダイエットと、今回やろうとしているダイエットを見比べて、自分自身はどちらの方法がやりやすいかなどを考えることができるようになるからです。

しっかりとしたエビデンスがあることと、自分自身がそのダイエット法を実際に実践して、痩せていくことができるかどうかは別の問題ですから。

情報の確かさと、自分に合った方法かどうか。どちらも揃うことで、ダイエットの成果を期待することが出来ます!

ダイエットとは?

  • ダイエットとは、痩せること・カラダを細くすることです。
  • 体重や体脂肪を落とすこと、カラダを鍛えてシルエットを細く見せることなども、ダイエットに含まれるので、どういった意味合いでダイエットとしているのかをしっかりと自分の中でおさえておくことが大切です。
  • また、語源であるdietは日常的に食べている食事といった意味がある言葉であることから、そもそもは運動主体による減量というよりも、食事管理によって減量していくことを指すことが強い言葉となっています。
  • なお、ダイエットの原則は「消費カロリー>摂取カロリー」であることです。
  • さまざまなダイエット情報がある中で、間違った情報を鵜呑みにしてしまわないように、自身でしっかりと確認できるようにしていきましょう。

情報が確かか判断が難しい、ひとりで取り組むことが難しいと思ったときには、トレーナーに相談してみるのもいいと思います!些細なことでも、一緒に解決していきましょう!

用語解説・監修:レインボー酒井

大会出場画像1

MIYAZAKIGYM所属パーソナルトレーナー
東京工業大学大学院卒の理系インテリトレーナー。一部上場企業勤務からパーソナルトレーナーに転職。 ダイエット・ボディメイクは科学で論理的な思考力が必要になる為、理にかなった指導力はトレーナーの中でも随一。 高級ホテル付属ジムでの指導経験もあり、丁寧でさわやかな接客は体育会トレーナーとは一線を画している。
【資格・成績】
NSCA-CPT
2021APF ALPS CHAMPIONSHIPS メンズアスリートモデル 5位入賞
2019 NPCJ WORLD LEGEND CLASSIC メンズアスリートモデル 9位入賞

おすすめの記事