白Tを着た女性

どうも、かつなりさんです。

皆さんはどういった服装で筋トレをしているのでしょうか?多くの人は、汗をかいても乾きやすい運動用の T シャツや、アンダーアーマーなどブランドの補助的な機能を持ったウェアを着用しているのではないでしょうか。

ぼくは筋トレ用のウェアは持たず、いつも普段着として着ている白 T でそのまま筋トレをしています。

今日はぼくが筋トレウェアに白 Tを選んでいる理由や、それによるデメリット等をご紹介します。

筋トレの服装に白 T がオススメな三つの理由

ぼくが筋トレの服装に白 T をお勧めする理由は、

  1.  白 T で十分運動ができる
  2. 筋トレをするための準備や片付けの手間が減る
  3. 陰影がはっきりする

3点になります。

ただし、これらの理由を挙げられている、そもそもの背景としてぼくが日頃から白 T を着用しているという前提があります。

日頃からプリント T シャツや色のついた T シャツを着ている方は、3.を除いて当てはまってくるかと思います。また、スーツなどを着用している方は、シャツを脱いで肌着でそのまま運動してしまえば、白 T で運動するのと同じようなメリットを得られると思います。

あまり女性の筋トレ時の服装に関して知識がありませんが、もし日頃から T シャツを着る方がいらっしゃれば参考にしていたたければと思います。

白 T で十分運動ができる

色々な運動用のウェアが出ていますか、実際のところ白 T で十分運動ができるとぼくは考えています。

というのも、今まで運動してきたなかで、様々な運動用のウェアを購入し実際に着てきましたが、特別なウェアによる効果があまり実感できなかったということも、白 T を選ぶきっかけになっています。

もちろん乾きやすい素材のウェアであれば、汗をかいた時に乾きやすく、また、伸縮する記事の性能などによって運動を補助するような機能を持ったウェアであれば、ある程度は運動の補助になると思います。

しかし、わざわざその補助的な機能のためにウェアを用意する費用や手間を考えると、そこまでする必要はないのではないかと、僕は考えています。

筋トレをするための準備や片付けの手間が減る

筋トレ始めた頃は、わざわざウェアを購入してそれによってモチベーションが上がって筋トレがはかどったということもありました。

ただ、普段着の他に筋トレ用のウェアを用意して、さらに運動後それを片づけなければならないことを考えると、筋トレに行くこと自体が億劫になってしまっていることがありました。

それは本末転倒ということで、考えた結果、日頃から利用してる服のまま運動してしまうのがいいのではないかと考えました。

普段着で運動をしてしまえば、一番準備がかからず、また、片付けの手間としても日頃の生活とほぼ変わりません。そのおかげで、筋トレをすることのハードルも少し下がったように感じています。

陰影がはっきりする

白 T の色がもたらすメリットですが、体の陰影がより目立つようになることがメリットに感じています。

そもそも白は、膨張色のためダイエット中の方や体を小さく見せたい方にはあまり良くないように思われますが、筋トレ中であれば、パンプアップした箇所が陰影としてはっきりと見えやすくなり、筋トレの効果を実感しやすくなると感じています。

その点、黒はより体をタイトに見せるような印象がありますが、体の陰影に関しては見づらくなってしまいます。

それぞれの良し悪しはありますが、筋トレの効果を実感できるかどうかについては、白 T の方が優れていると私は考えています。

白 T で筋トレをするデメリット

ぼくが白 T を選ぶ理由お3点入りましたが、この3点だけ見れば多くの人が白 T で筋トレをしていてもおかしくないと考えるのではないでしょうか。

ただ、実際には白 T を着て筋トレをしている人はそんなに多くはありません。それはきっと、白 T で筋トレする事もデメリットがあるからでしょう。

白 T で筋トレをすることのデメリットは、

  1. 汚れが目立つ
  2. 動きづらい場合がある
  3. おしゃれではない

の3点が大きいのではないでしょうか。

汚れが目立つ

ジムでの筋トレなどではバーベルなど金属の器具を使うことがあります。

その中にたまにあるのが、錆やちょっとした汚れがバーや重りに付着していて、それが白 T についてしまうことです。

白 T ではくても、同じように汚れてしまいますが、白である分汚れが目立ち、洗うのが大変になる場合があるということがあります。

そのため、筋トレのウェアとして白ではなく、黒や濃い色のウェアを選ぶ人が多いのではないでしょうか。

動きづらい場合がある

一口に白 T といっても様々な形や大きさがあります。

そのため、全く運動することを考慮していないような白 T もあり一概には白いティーがいいよと言えない場合もあります。

また、より本格的に筋トレをする場合、 T シャツという形ではなく、タンクトップのような肩周りの運動がしやすいよな服装の方が望ましいと考えられます。

ぼくの様な筋トレ初心者もしくは中級者の方に白 T はおすすめですが、上級者になるとやはり専用の服装がいいのではないかと考えています。

おしゃれではない

冒頭で、日頃スーツで仕事をされてる方に肌着での運動を提案しましたが、難点がひとつ。それは、おしゃれではないということです。場合によっては、変です。

それは白 T であっても、同じことがいるかもしれません。

特に、おしゃれなフィットネススタジオなので運動する場合、周りの人は結構な気を使って服装を選んできていることも多く、その中に白 T でいると浮いてしまうことがあるので注意が必要です。

まとめ

ぼくは、初心者や中級者の方には、筋トレの服装として、白 T をおすすめしています。

もちろん、デメリットもありますが、やはり初心者・中級者の方はまず、筋トレを習慣化できるかどうかが大切だとぼくは考えています。習慣化するためには、準備が容易で筋トレの効果が確認しやすいことが大切です。

だから、 白 T をおすすめしています。

もし、わざわざ 白 T をそろえるのが大変であれば、ウェアにこだわりがなければ、一度いつものTシャツでトレーニングしてみてください。意外といいなとなると思いますよ!

おすすめの記事